スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員拒否のすすめ~あなたが「冤罪」に加担しないために~
内容紹介
密室の取り調べ、代用監獄制度、ヒラメ裁判官…。「免罪」を生むシステムにあなたは利用される。
いよいよ今年5月に始まる「裁判員制度」。しかし、この制度では裁判員が「免罪」に加担させられるおそれが強い。なぜ、私たちはそのような危険を強制されなければならないのか? 本書では、裁判員が免罪を避ける方法がないことを示したうえで、人としての良心から裁判員を拒否する方法を探る。裁判員制度のインチキを告発する緊急出版!!
内容(「BOOK」データベースより)
死刑執行後に、真犯人が判明―。冤罪の恐怖に耐えることができるか?「良心的裁判員拒否」は憲法上の権利。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
伊佐 千尋
1929年東京生まれ。78年、処女作『逆転』で第9回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。82年「陪審裁判を考える会」、05年「裁判員制度・刑事訴訟法改悪に反対、陪審裁判を実現する会」を発足

生田 暉雄
1970年裁判官任官。87年大阪高等裁判所判事。92年退官、弁護士登録。裁判は主権実現の手段であるとの考えのもとに、教科書裁判に関与。高知白バイ再審事件に取組中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】生田暉雄 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://baishinbook.jugem.jp/trackback/93