スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
リーガル・ライティング―法律論文の書き方
内容(「BOOK」データベースより)
米国ロースクール流法律論文執筆マニュアル。法学教育・法文化に占めるライティングの役割がはるかに大きい米国。そこで圧倒的支持を得ている論文作法。たたみかけるように論理的であるだけでなく、悪文を例に挙げて正すなど、学生に、テーマの探し方と、さらにそれを有益で興味深い、出版可能な論文へと発展させる方法を教え、執筆、リサーチ、出版過程のすべての局面において、詳細かつ有益な示唆を与えている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
指宿 信
1959年京都市生まれ。1989年北海道大学大学院博士後期課程単位取得、1991年同法学博士。鹿児島大学教授、立命館大学法科大学院教授などを経て、成城大学法学部教授

岩川 直子
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 【会員】指宿信 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://baishinbook.jugem.jp/trackback/84