スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
超訴訟社会 モンスター化する「権利主張」と恐怖の連鎖
超訴訟社会 (コンパクトシリーズ) (コンパクトシリーズ 2)
超訴訟社会 (コンパクトシリーズ) (コンパクトシリーズ 2)
平野 晋

内容紹介
裁判員制度が目前に迫る中、ある現象が警戒されている。
それは、日本社会の「超訴訟化」。戦後の日本社会は、そのほぼすべてが「アメリカの追随」だった。そしてついに、訴訟=法廷という閉鎖世界でも、アメリカからの「巨大な輸入」が始まろうとしている。
社会全体がクレーマー化する恐怖は、誰もが誰かに常に訴訟を起こされる危険性は、一体どんな背景から生まれるのか。
ニューヨーク州の弁護士でもあり、アメリカの陪審法廷に立った経験を持つ気鋭の大学教授が鋭く斬る。

著者について
1961年、東京都生まれ。中央大学総合政策学部教授、米国(NY州)弁護士。

中央大学法学部法律学科卒業後、コーネル大学大学院(ロースクール)修了、博士(総合政策、中央大学)。企業派遣で留学したコーネル・ロースクール修了と同時に、ニューヨーク州の法曹資格試験に合格。同校在学中には法律論文誌の編集員に選抜される。その後、(株)NTTドコモ法務室長などを経て現職。「契約法」「不法行為法」「企業法務」「インターネット法」などの実践的法律学を指導すると同時に、「法と経済学」「法と文学」などのアメリカ学際法科目も担当する。著書に『電子商取引とサイバー法』(NTT出版)、『アメリカ不法行為法』(中央大学出版部)、『ビジネスマン必携 戦略的国際法務コスト削減マニュアル』(東京リーガルマインド)などがある。

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://baishinbook.jugem.jp/trackback/70
2009/01/14 8:39 PM posted by: あゆみんのせきらら日記
中央大学の高窪統(はじめ)教授ちゅう人がキャンパス内で刺殺されたようヤ。 1月14日、東京都文京区の中央大学後楽園キャンパス内で「はばかりで男性が倒れとる」と中央大学の警備員から110番があったちゅう。 警視庁が駆けつけたところ、同キャンパス1号館4階の