スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
石松 竹雄/土屋 公献/伊佐 千尋

内容紹介
2009年実施の裁判員制度。このままでは裁判員がえん罪づくりに巻き込まれる可能性がある。なぜ裁判員制度はえん罪をつくるのか、その背景を浮き彫りにする。

著者について
生田 暉雄(いくた・てるお)元大阪高等裁判所裁判官・弁護士
伊佐 千尋(いさ・ちひろ)作家
石田文之祐(いしだ・ぶんのすけ)元医療法人理事長・医師
石松 竹雄(いしまつ・たけお)元大阪高等裁判所裁判官・弁護士
樺島 正法(かばしま・まさのり)陪審制度を復活する会事務局長・弁護士
木村 壯(きむら・そう)元埼玉弁護士会会長・弁護士
土屋 公献(つちや・こうけん)元日本弁護士連合会会長・弁護士

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。