スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
西野 喜一

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす! 元判事の大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす一冊。

第一章 裁判員制度とはどのようなものか
第二章 裁判員制度はどのようにしてできたのか
第三章 無用な制度——誰も求めていないのに
第四章 違法な制度——憲法軽視の恐怖
第五章 粗雑な制度——粗雑司法の発想
第六章 不安な制度——真相究明は不可能に
第七章 過酷な制度——犯罪被害者へのダブルパンチ
第八章 迷惑な制度——裁判員になるとこんな目に遭う!
第九章 この「現代の赤紙」から逃れるには——国民の立場から
終章  いま、本当に考えるべきこと

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。