スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
裁判員拒否のすすめ~あなたが「冤罪」に加担しないために~
内容紹介
密室の取り調べ、代用監獄制度、ヒラメ裁判官…。「免罪」を生むシステムにあなたは利用される。
いよいよ今年5月に始まる「裁判員制度」。しかし、この制度では裁判員が「免罪」に加担させられるおそれが強い。なぜ、私たちはそのような危険を強制されなければならないのか? 本書では、裁判員が免罪を避ける方法がないことを示したうえで、人としての良心から裁判員を拒否する方法を探る。裁判員制度のインチキを告発する緊急出版!!
内容(「BOOK」データベースより)
死刑執行後に、真犯人が判明―。冤罪の恐怖に耐えることができるか?「良心的裁判員拒否」は憲法上の権利。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
伊佐 千尋
1929年東京生まれ。78年、処女作『逆転』で第9回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。82年「陪審裁判を考える会」、05年「裁判員制度・刑事訴訟法改悪に反対、陪審裁判を実現する会」を発足

生田 暉雄
1970年裁判官任官。87年大阪高等裁判所判事。92年退官、弁護士登録。裁判は主権実現の手段であるとの考えのもとに、教科書裁判に関与。高知白バイ再審事件に取組中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】生田暉雄 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裁判が日本を変える!
裁判が日本を変える!
裁判が日本を変える!
生田 暉雄

まやかしの裁判員制度とやらせミーティング。そんな裁判所の実態を明らかにするとともに、裁判を使っての官僚社会主義国家再生の道を示す。

序 章 日本の司法を考える
 第1節 日本の司法はどうなっているのか
 第2節 日本の社会はどうなっているのか

第1章 それでも裁判員になりますか
 第1節 裁判員裁判の本質
 第2節 裁判員裁判は憲法違反
 第3節 裁判員は員数あわせ
 第4節 それでも裁判員になりますか
 第5節 守秘義務の矛盾

第2章 捜査の官僚独占
 第1節 人権を犠牲にした捜査
 第2節 外国と比較すれば
 第3節 なぜ続く捜査の官僚独占
 第4節 捜査と陪審裁判

第3章 捜査原論
 第1節 捜査の三段階
 第2節 初動捜査
 第3節 本格捜査
 第4節 裏付け捜査――面通し・対質について
 第5節 捜査分担による相互チェックの必要性――現場の重視
 第6節 日本における捜査の改革点

第4章 刑事裁判の官僚独占
 第1節 戦時刑事特別法の居座り
 第2節 儀式化した刑事裁判
 第3節 裁判密室化の策謀

第5章 裁判官の統制
 第1節 裁判統制の方法
 第2節 自律的統制の実態

第6章 主権実現方法としての裁判
 第1節 主権の行使方法
 第2節 国民の目覚めを恐れる為政者
 第3節 裁判に勝つということ
 第4節 裁判のたたかいかた
 第5節 裁判官の牽制・監視・コントロール

第7章 裁判闘争の実践
 第1節 松山地裁における2001年からの教育裁判
 第2節 主権者裁判の実践記録
 第3節 たたかいの火はひろがる

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 【会員】生田暉雄 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |