スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
裁判員制度と知る権利
裁判員制度と知る権利
裁判員制度と知る権利
梓澤 和幸,田島 泰彦

内容(「BOOK」データベースより)
知る権利が保障されない裁判員制度の内在的批判。弁護士を中心に研究者・ジャーナリストを交え議論を続け、裁判員制度の本質を探り当てた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
梓澤 和幸
弁護士(1971年弁護士登録)。山梨学院大学法科大学院教授(刑事訴訟法、メディア法)。世界で一八四の弁護士会が加入するIBA(国際法曹協会)の人権協会評議員に就任し、IBAからの代用監獄調査団(1994年)、同捜査の可視化調査団(2003年)の日弁連側受入実行委員会事務局を務める。現在、日弁連人権と報道調査研究部会部会長、市民メディアであるNews for the people in Japan(NPJ)代表。フジテレビ番組審議会委員。「石に泳ぐ魚」事件、NHK生活ほっとモーニング訂正放送請求事件、各原告側代理人を努める

田島 泰彦
1952年埼玉県生まれ。上智大学文学部新聞学科教授。憲法・メディア法専攻。表現の自由、メディア規制、報道と人権、監視社会などを中心に研究。毎日新聞社「開かれた新聞」委員会委員も兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裁判員制度を批判する
裁判員制度を批判する
裁判員制度を批判する
小田中 聰樹

公正な裁判は果たして可能か?日本の刑事裁判の実態を踏まえて、裁判員制度の問題点を徹底分析。

第1部 裁判員制度をどう見るか(裁判員制度は市民のものか
裁判員制度で冤罪はなくなるか)
第2部 裁判員制度の本質は何か(司法改革と裁判員制度の本質
裁判員制度の批判的考察)
第3部 人身の自由と刑事司法改革(冤罪と刑事司法改革
改正刑事訴訟法の批判的検証—公判前整理手続は何をもたらすか)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
司法崩壊-あなたが裁判員を強いられる理由
司法崩壊-あなたが裁判員を強いられる理由
司法崩壊-あなたが裁判員を強いられる理由
亀井洋志

内容紹介
裁判員制度導入まで一年。
反対意見が8割にのぼる中、なぜ導入するべきなのか?
それは司法全体が抱える問題を、覆い隠す詐術なのか!?
不安と疑問を呼び起こす制度の正体を、解き明かす!

著者について
サンデー毎日、週刊文春記者を経てフリーへ。
月刊「現代」1~3月号に連載した「冤罪-あなたも明日、有罪になる」が話題に。
議員年金の告発、宮城刑務所内暴行事件の独占スクープほか、硬派のルポライターとして活躍中!

ハードカバー: 224ページ
出版社: WAVE出版 (2008/4/21)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つぶせ!裁判員制度
つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254)
つぶせ!裁判員制度 (新潮新書 254)
井上 薫

出版社/著者からの内容紹介
結論。裁判員制度は違憲である。裁判員制度は人権を蹂躙する。裁判員制度は冤罪を作る。----ある日、突然、我々にやってくる「裁判員を命ず」という恐怖の召集令状。嫌々参加させられたら最後、一般市民が凄惨な現場写真を見せられ、被告人に睨まれ、死刑判決にまで関与しなくてはならない。国が進める世紀の愚行を、元判事が完膚なきまでに批判。いますぐこの制度を潰さないと、日本は滅びてしまうのだ!

著者について
1954(昭和29)年東京都生まれ。東京大学理学部化学科卒、同修士課程修了。司法試験合格後、判事補を経て96年判事任官。06年退官し、07年弁護士登録。著書に『司法のしゃべりすぎ』など。

新書: 204ページ
出版社: 新潮社 (2008/03)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
西野 喜一

手抜き審理の横行、裁判員に及ぶ迷惑など、問題山積の新制度が日本の司法を、国民の生活を滅ぼす! 元判事の大学教授が「現代の赤紙」から逃れる方法を伝授し、警鐘を鳴らす一冊。

第一章 裁判員制度とはどのようなものか
第二章 裁判員制度はどのようにしてできたのか
第三章 無用な制度——誰も求めていないのに
第四章 違法な制度——憲法軽視の恐怖
第五章 粗雑な制度——粗雑司法の発想
第六章 不安な制度——真相究明は不可能に
第七章 過酷な制度——犯罪被害者へのダブルパンチ
第八章 迷惑な制度——裁判員になるとこんな目に遭う!
第九章 この「現代の赤紙」から逃れるには——国民の立場から
終章  いま、本当に考えるべきこと

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 裁判員制度批判 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |