スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
超訴訟社会 モンスター化する「権利主張」と恐怖の連鎖
超訴訟社会 (コンパクトシリーズ) (コンパクトシリーズ 2)
超訴訟社会 (コンパクトシリーズ) (コンパクトシリーズ 2)
平野 晋

内容紹介
裁判員制度が目前に迫る中、ある現象が警戒されている。
それは、日本社会の「超訴訟化」。戦後の日本社会は、そのほぼすべてが「アメリカの追随」だった。そしてついに、訴訟=法廷という閉鎖世界でも、アメリカからの「巨大な輸入」が始まろうとしている。
社会全体がクレーマー化する恐怖は、誰もが誰かに常に訴訟を起こされる危険性は、一体どんな背景から生まれるのか。
ニューヨーク州の弁護士でもあり、アメリカの陪審法廷に立った経験を持つ気鋭の大学教授が鋭く斬る。

著者について
1961年、東京都生まれ。中央大学総合政策学部教授、米国(NY州)弁護士。

中央大学法学部法律学科卒業後、コーネル大学大学院(ロースクール)修了、博士(総合政策、中央大学)。企業派遣で留学したコーネル・ロースクール修了と同時に、ニューヨーク州の法曹資格試験に合格。同校在学中には法律論文誌の編集員に選抜される。その後、(株)NTTドコモ法務室長などを経て現職。「契約法」「不法行為法」「企業法務」「インターネット法」などの実践的法律学を指導すると同時に、「法と経済学」「法と文学」などのアメリカ学際法科目も担当する。著書に『電子商取引とサイバー法』(NTT出版)、『アメリカ不法行為法』(中央大学出版部)、『ビジネスマン必携 戦略的国際法務コスト削減マニュアル』(東京リーガルマインド)などがある。

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
知ってびっくり秘常識 裁判の「お約束」
知ってびっくり秘常識 裁判の「お約束」 (青春文庫)
知ってびっくり秘常識 裁判の「お約束」 (青春文庫)

内容紹介
2009年5月から、いよいよはじまる裁判員制度。「もしも自分が選ばれたらどうしよう?」「そもそも、裁判ってどんなふうに進められるの?」そんな疑問を一挙解決! 普段なじみのない裁判の世界の裏側がまるわかりの一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
実は、刑期や判決には相場がある!?無罪を勝ち取る確率はどのくらい?裁判の裏のウラ、ぜ~んぶ見せます。

著者について
日本大学法化大学院教授。弁護士。日本刑法学会理事、司法試験考査委員等を歴任。難解な法律をわかりやすく解説することに定評があり、テレビのコメンテーターとしても活躍中。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
板倉 宏
日本大学名誉教授、弁護士、日本大学講師。昭和9年生まれ。昭和31年東京大学法学部卒業。昭和36年法学博士(東京大学)。日本大学法学部教授、日本大学法科大学院教授。司法試験考査委員、日本大学司法研究所所長、日本刑法学会理事等を歴任。平成6年アメリカ伝記研究所の「国際文化賞」、国際伝記センター(英国・ケンブリッジ)の「20世紀賞」を受賞。難解な法律をわかりやすく解説することに定評があり、テレビや新聞でも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反骨のコツ (朝日新書 69)
反骨のコツ (朝日新書 69) (朝日新書 69)
反骨のコツ (朝日新書 69) (朝日新書 69)
團藤 重光; 伊東 乾

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

東大法学部長、最高裁判事を歴任し、93歳になった日本刑法の父は、反骨精神の塊だった。天皇機関説事件、二・二六事件を見届け、刑事訴訟法起草でGHQと渡り合い、最高裁判事として書いた少数意見は数知れず。憲法改正、死刑廃止論、裁判員制度批判から、昭和天皇のことども、三島由紀夫との交流まで。法学界の最重鎮が、52歳下の東大准教授と縦横に語る、ニッポンを元気にする反骨のススメ。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 反骨から見る日本国憲法/第2章 死刑廃止は理の当然/第3章 決定論をはね返せ/第4章 裁判員制度は根無し草/第5章 憲法九条と刑法九条/第6章 お悩み解決は團藤説で/第7章 革命のコツ・團藤陽明学/第8章 若者よ、正義の骨法を掴め!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

團藤重光(ダンドウシゲミツ)
1913年生まれ。刑法学者、東大名誉教授、学士院会員、(社)学士会理事長。日本刑法学会理事長、最高裁判事、宮内庁参与を歴任。95年文化勲章受章

伊東乾(イトウケン)
1965年生まれ。作曲家=指揮者、東大大学院情報学環准教授。90年第1回出光音楽賞受賞、2006年『さよなら、サイレント・ネイビー』(集英社)で第4回開高健ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
民衆から見た罪と罰(民間学としての刑事法学の試み)
民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み (龍谷大学矯正・保護研究センター叢書)
民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み (龍谷大学矯正・保護研究センター叢書)
村井 敏邦

内容(「MARC」データベースより)
十両盗めば首が飛んだ江戸時代、人々は被害を「九両三分二朱」と届けることでお上の苛歛誅求に抵抗した。古今東西の民衆に広く読まれた説話・芸能、文学の中に犯罪観・刑罰観を探り、人権としての「罪と罰」のあり方を論じる。

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デンマークの陪審制・参審制―なぜ併存しているのか
デンマークの陪審制・参審制―なぜ併存しているのか
デンマークの陪審制・参審制―なぜ併存しているのか

裁判においてひろく制度選択の問題提起を行うために、陪審と再審さらに職業裁判官による裁判を併存させているデンマークの司法制度を調査した報告書。〈ソフトカバー〉

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 司法制度 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |