スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
裁判員拒否のすすめ~あなたが「冤罪」に加担しないために~
内容紹介
密室の取り調べ、代用監獄制度、ヒラメ裁判官…。「免罪」を生むシステムにあなたは利用される。
いよいよ今年5月に始まる「裁判員制度」。しかし、この制度では裁判員が「免罪」に加担させられるおそれが強い。なぜ、私たちはそのような危険を強制されなければならないのか? 本書では、裁判員が免罪を避ける方法がないことを示したうえで、人としての良心から裁判員を拒否する方法を探る。裁判員制度のインチキを告発する緊急出版!!
内容(「BOOK」データベースより)
死刑執行後に、真犯人が判明―。冤罪の恐怖に耐えることができるか?「良心的裁判員拒否」は憲法上の権利。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
伊佐 千尋
1929年東京生まれ。78年、処女作『逆転』で第9回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。82年「陪審裁判を考える会」、05年「裁判員制度・刑事訴訟法改悪に反対、陪審裁判を実現する会」を発足

生田 暉雄
1970年裁判官任官。87年大阪高等裁判所判事。92年退官、弁護士登録。裁判は主権実現の手段であるとの考えのもとに、教科書裁判に関与。高知白バイ再審事件に取組中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
えん罪を生む裁判員制度―陪審裁判の復活に向けて
石松 竹雄/土屋 公献/伊佐 千尋

内容紹介
2009年実施の裁判員制度。このままでは裁判員がえん罪づくりに巻き込まれる可能性がある。なぜ裁判員制度はえん罪をつくるのか、その背景を浮き彫りにする。

著者について
生田 暉雄(いくた・てるお)元大阪高等裁判所裁判官・弁護士
伊佐 千尋(いさ・ちひろ)作家
石田文之祐(いしだ・ぶんのすけ)元医療法人理事長・医師
石松 竹雄(いしまつ・たけお)元大阪高等裁判所裁判官・弁護士
樺島 正法(かばしま・まさのり)陪審制度を復活する会事務局長・弁護士
木村 壯(きむら・そう)元埼玉弁護士会会長・弁護士
土屋 公献(つちや・こうけん)元日本弁護士連合会会長・弁護士

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オキナワと少年
オキナワと少年
オキナワと少年
伊佐 千尋

仁は同い年の信と昆虫採集に出かけた。サファイヤ・ブルーの海を眺めているだけで毎日が楽しかった…。沖縄の戦前、戦中、戦後を駆け抜けた少年の、切なくも希望に満ちた清新な物語。著者自身の体験をもとに描いた書き下ろし。

JUGEMテーマ:戦争・紛争
| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裁判員制度は刑事裁判を変えるか―陪審制度を求める理由
裁判員制度は刑事裁判を変えるか―陪審制度を求める理由
裁判員制度は刑事裁判を変えるか―陪審制度を求める理由
伊佐 千尋

市民が「お飾り」になる裁判員制度に異議あり! 次の世代に禍根を残さないために、今こそ、裁判員制度の数々の疑問を明らかにする。さらに、日本の刑事裁判の実態と欧米で行われている陪審制度について取り上げる。

JUGEMテーマ:法律・司法書籍


| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
島田事件―死刑執行の恐怖に怯える三四年八カ月の闘い
島田事件―死刑執行の恐怖に怯える三四年八カ月の闘い (新風舎文庫)
島田事件―死刑執行の恐怖に怯える三四年八カ月の闘い (新風舎文庫)
伊佐 千尋

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逆転―アメリカ支配下・沖縄の陪審裁判
逆転―アメリカ支配下・沖縄の陪審裁判 (岩波現代文庫)
逆転―アメリカ支配下・沖縄の陪審裁判 (岩波現代文庫)
伊佐 千尋

1964年、アメリカ支配下の沖縄普天間で米兵殺傷事件が起きた。容疑者は沖縄の青年4人。裁判の陪審員に選ばれた著者は、沖縄人に重罪を課そうとするアメリカ等の陪審員が多数を占める陪審評議で、ついに「逆転」を生じさせた。裁判のあり方をも考えさせる息づまる法廷ドキュメント。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

JUGEMテーマ:法律・司法書籍
| baishinbook | 【会員】伊佐千尋 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |